TAFRO症候群ブログ 入院生活10日過ぎましたが症状はこんな感じです

TAFRO症候群

★入院中の記録

やっとこさ、入院10日過ぎました。。。

長い長い入院生活、、

院内には図書館もあるので体調が良いときには、本を借りてきてデイルームでのんびり過ごしています。

◆2017年6月30日(金)の記録

入院10日目です。

そろそろ身体に変化がほしいところ。。と言うのが正直な気持ちです。

体温 

朝 36.4℃   

夕方 37.4℃

今までベットが空かずナースステーション前の部屋だったので、昼夜問わず雑音で落ち着かなかったのですが、この日ナースステーションから少し離れた静かな部屋の窓際に移れました。

今日は、吐き気に加えて足と手先のしびれがあり、看護師さんには伝えたのですが

多分プレドニンの副作用になるのではないかと思われます。

とのことでした。

ということは、、、プレドニンを服用してるのだから我慢するしかないってこと??

◆2017年7月1日(土)の記録

入院11日目です。

7月突入 七夕だな~

体温

朝 36.7℃

今朝は、起きてすぐ何だかお腹空いてるぞ

ミントチョコ3粒食べました。

美味しい~♡

昨日の検査はレントゲンと血液検査でした。

レントゲンで胸水は4日前よりは減ってるとのことです。

採血結果についてはCRPがだいぶ正常値に近づいてきました。

血小板も少しずつ戻ってきています。

腎機能も入院時よりは改善されてきている。

いい感じです。。。

しかしアルブミンだけは、なかなか戻ってこない。

本日よりネオラールというお薬が始まりました。

朝10:00 夜10:00に決まって服用です。

七夕にお願い!!

病気完治お願いしますね!!

ってお願いしました。

◆2017年7月2(日)の記録

入院12日目です。

体温 

朝 36.0℃  

夕方 37.4℃

朝、採血あり。

昨日は、お腹の痛みがあり。。

多分プレドニンによる便秘と思われるのですが、、、

夜、お風呂でお腹を温めてその後、ベットで横になってお腹をさすっていたら少しお通じありました。

体重増加が、なかなか止まらないので水分補給も気にしてしまうのですが、制限するとお通じに影響あるし、喉は乾くしでやっぱり水分は気にせず補給したいところです。

昨日あたりから、咳の出が減っていると実感、特に寝る前の咳の苦しさがかなり軽減されていると実感しています。

◆2017年7月3(月)の記録

入院13日目です。

体温

朝 36.5℃  

夕方  37.7℃

本日:採血、レントゲン

 

ネオーラル 1錠服用

AM10:00

PM10:00

昨日より、咳の具合が良くなっていると書いたのですが、歩きすぎたり喋りすぎたりすると咳がでてしまいます。

夕方になると寒気もあります。

入院時、

CRP⇒11.16 だったのが本日のCRP⇒0.84

血小板⇒12.9

ヘモグロビン⇒9.2

アルブミン⇒2.4

Dダイマー⇒1.76へ

入院時よりだいぶ改善されてきました。

特にCRPが劇的に良くなっています。

身体は正直ですね、身体がらくです。

Dダイマーは血栓の指標になりますが、ここは少し高いので定期的に血栓エコーが必要とのことです。

◆2017年7月4(火)の記録

入院14日目です。

2週間目に突入!!

体温

朝 36.1℃

昨日は、吐き気止めのお薬が夜のみの使用で済みました。

昨日のレントゲンの検査結果では、胸水減少しているとのことです。

体重増加が気になると、ドクターに伝えると。。。

ネオーラルは、即効性のある薬ではないので効いてくるまでに時間がかかります。

とのこと。

もう少し辛抱です。

本日は、電話で上司に退職意向を伝えました。

前回仕事復帰して1か月で病気が再発してしまい、今回ばかりは仕事のことより自分の身体を第一に考え、考え、考え抜いて出した答えです。

★入院時からの体重変化

通常体重:50㎏

6/21(水) 57.2㎏

6/22(木) 57.2㎏

6/23(金) 58.1㎏

6/24(土) 59.1㎏

6/25(日)59.7㎏

6/26(月) 59.8㎏

6/27(火) 60.1㎏

6/28(水) 60.3㎏

6/29(木) 60.3㎏

6/30(金) 60.7㎏

7/1(土) 60.7㎏

7/2(日) 61.3㎏

7/3(月) 61.3㎏

7/4(火) 61.9㎏

コメント

タイトルとURLをコピーしました