TAFRO症候群 6/21の外来で、とうとう2度目の入院

TAFRO症候群

敵は手ごわいぞ、TAFRO症候群よ!! 

6/21㈬は、自力で病院に行くことができず主人に車で付き添ってもらった。吐き気と、熱と闘いながら病院に着き、血液、レントゲンを済ませると2階待合室で椅子に横になって過ごした。看護師さんが、いつもの私と状況が違うことに気が付き、検温と血圧を計りに来てくれ、体調が悪いとのことで14:00だった診察時間だがお昼には呼ばれ、診察してもらった。胸水あり、CRP異常に高く、血小板低いその他腎機能も悪いとのことで、緊急入院となった。

また入院か。。。と言うのが率直な気持ち

入院時、体重57.2㎏  プレドニン45㎎服用

TAFRO症候群 再発理由を考える。。。。

なぜ、再発したのだろうか??

思い当たるとすれば、仕事だろうか・・・(´・ω・`)

掃除、洗濯、子供のお弁当、朝は8:00に家を出て帰りは18:00頃、帰ればご飯の支度をしてというサイクル。仕事は営業なので、外回りなどもあり、知らず知らずにストレスが溜まっていったのかと思う。身体も知らない間に疲れが溜まり、TAFRO症候群再燃になったのかと思ったりする。

仕事を、辞めてしまうと社会との接点がなくなりそうなのと、再就職ってできるのかなど色々考え、辞めるという選択肢を持てないでいたが、再入院をして身体が一番だと実感。

元気になれば何でもできると切り替えることができるようになった。(*^_^*)

傷病手当金を考える!

とはいえ、仕事がなくなると生活どうする?って話になる。

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度。

被保険者が病気や、ケガの為に会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない時に支給される。

<支給条件>

1)業務外の事由による病気やケガの療養の為の休業であること。

2)仕事に就くことができない

3)連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと。

4)休業した期間において給与の支払いがないこと

<支給される期間>

傷病手当金が支給される期間は、支給開始した日から最長1年6か月です。これは、1年6ヶ月分支給されるということではなく、1年6ヶ月の間に仕事に復帰した期間があり、その後、再び同じ病気やケガにより仕事に就けなくなった場合でも、復帰期間も1年6ヶ月に含まれます。支給開始後、1年6ヶ月を超えた場合は、仕事に就くことができない場合であっても、傷病手当金は支給されません。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました