TAFRO症候群という病気のせいなのか。。。

花とTAFRO症候群 TAFRO症候群

体重増加は、TAFRO症候群のせいなのか、またプレドニンのせいなのか?

インターネットでは、いろいろな情報が飛び交っている、一番多い情報はプレドニンで体重増加である。しかし、なかには体重減少のケースもあるようだ。全体的にはプレドニン服用で体重管理に苦しんでいる人は多いという事実。私もその一人なのだろうかと思っている。

2016.12.28に退院するときは50㎏まで落ちた体重が2017.5.20現在体重は54.5㎏である。この4.5㎏が食べすぎによる脂肪なのか、TAFRO症候群の症状の一つにある浮腫みからくるものなのか、プレドニンの副作用なのかがわからない。

生活においては、朝(食パン1枚、マーガリン、スライスチーズ、ヨーグルト、無糖紅茶)、お昼は(コンビニでカロリー計算して大体、おにぎり1個、コールスローサラダ、はるさめスープなどで500カロリー前後に抑える)、夜(なるべく脂肪の少ないお肉を使ったおかず、魚はホイル焼きなど、ご飯はお茶碗半分、お味噌汁、取り皿に分けてそれ以上食べないようにして)、平日は仕事で、ある程度は活動量はあると考えているが、なかなか体重がもとに戻らない。時にはお昼(アイスカフェオレ、ドーナツ一個)なんて時もあり、間食はほぼしないが体重が減ることはない。かなしいかな((+_+))

これ以上食事を減らすと、身体にも病気にもよくないので何とか別の方法で体重減の方法を考えたいが良い方法が見つからない。

主人相談すると、肩から背中にかけてとおしり全体が肉付きが良くなったようなきがするとのこと。それ以外は太ももからひざ下のふくらはぎにかけての浮腫みが気になるとのこと。特に夕方、仕事から帰ってメディキュットを脱いで、すねを押してみるとへこみができて皮膚が戻ってこない。昔も、浮腫みはあったがすねを押して皮膚が戻ってこないということはなかったので、体重増加の原因には不要な水分で増えている可能性もあるのではないかと考えている。

前回、受診した時の検査で貧血と血小板が減少していたのだが、ここのところ、立ちくらみ・倦怠感・眠気があり一日中身体が重い感じがしている。仕事復帰して2週間が過ぎたところだが、病気を抱えて、正社員で働くことに不安を覚えることがある。疲れても横になって休むことができないのと、営業なのでそれなりのストレスもかかってくる。これから先、長く働く中で、無理がたたって病気が再発しないか心配。

仕事の時は、浮腫み防止でメディキュット着用

営業の為、デスクワークに加えて外回りがあり、脚の浮腫みは人一倍、心臓血管外科のドクターに相談し、メディキュット着用しようということになった。メディキュットのスパッツを履くが、履くときがとても大変!特に開封したばかりの新品は少しも伸びていないので、これでもかというくらい履くときに体力を使う。履いてしまえば思っているほど苦しさはない。一日着用して夕方仕事から帰って、脱いでみると確かに履かないよりは浮腫みは格段に軽減されていると感じるが、スパッツの場合は足首で切れているので、スパッツの切れ目のあたりの浮腫みがすごい!!くっきりスパッツの線が足首に残る。できれば、スパッツではなくストッキングかハイソックスタイプがオススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました