入院費用ってどのくらいかかるの?実際には生命保険の必要性はどのくらい?

花とTAFRO症候群 TAFRO症候群

入院すると実際かかる費用はどのくらい?

入院した時にすること

 

♦入院手続き

手続き時は健康保険証・印鑑(署名可の場合あり)・預り金(5万~10万)が必要

 

♦入院に必要なもの

病院によって身の回り一式必要な場合、パジャマ・タオルのレンタルがある場合があるので確

認してみる。

 

♦健康保険限度額適用認定証の申請

70歳未満の人が受診するとき、医療機関の窓口負担が高額療養費の自己負担限度までとなる

手続き。(70歳以上は高齢受給者証で申請なしで適用されます。※但し非課税者は「健康保険

限度適用・食事療養減額申請書」の提出が必要となる。)

申請すると、健康保険適用認定証が発行されるので窓口に健康保険証と一緒に提示してくださ

い。

私の場合は入院前に準備できなかったので入院中に申請し病棟事務の方に提出しました。

^_^;

申請先はサラリーマンの方などは会社に、国民健康保険の自営業の方は管轄の市役所に申請し

ます。

 

平成27年1月現在

【70歳未満 医療費の自己負担限度額(月額)】

敵意用区分 自己負担限度額 多数該当
1・標準報酬月額83万以上 252,600円+(総医療費ー842,000円)×1%     140,100円
2・標準報酬月額53万~79万以上 167,400円+(総医療費ー558,000円)×1%     93,000円
3・標準報酬月額28万~50万 80,100円+(総医療費ー267,000円)×1%     44,400円
4・標準報酬月額26万以下        57,600円     44,400円
5・低所得者        35,400円     24,600円

 

※自己負担限度額には食事代や差額ベット代などは含まれません。

※総医療費は、保険適用される一か月の診療報酬の総額(10割)のこと。

※同一世帯で一年間(直近12か月)に3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、4回目

からは自己負担限度額が多数該当に代わります。

 

 

私の入院の場合

私は2016/11/1~11/4まで市立病院に、11/4~12/28まで大学病院に入院。

市立病院ではパジャマは不要でパジャマタオルセットのレンタルを勧められた。テレビカード

は一枚1000円。

大学病院はパジャマ、食事の時に使う箸、コップも自前。テレビ・冷蔵庫カードは一枚100

0円。

 

市立病院ではパジャマはレンタル、食事の時の箸やスプーン、コップなどは用意する必要がな

かったため家から持ってきたものはボックスティッシュと下着とスリッパ・歯ブラシくらいだ

ったな~

大学病院は、パジャマ・スプーン・フォーク・コップ・ティッシュ・バスタオル・フェイスタ

オル・ひざ掛け・羽織物・スリッパ・お風呂セット・歯ブラシが必要だったよ。(/・ω・)/

大学病院での入院は長かったので、パジャマ以外に羽織るものやひざ掛けがあると便利でし

た。

ステンレスポットを持参し給湯室で熱いお湯を入れてベット脇においておけば飲みたいときに

すぐお茶やコーヒーを飲むことができるのでこれも便利でしたね。^_^;

 

入院費の支払い

市立病院に¥57,220

大学病院に11月分¥86,040(診療費¥57,600 食事代¥28,440)

12月分¥101,160(診療費¥57,600 食事代¥29,520 文書代¥14,040)

限度額適用認定証を申請して提出していたので上記の金額で済みました。^_^;

もし、申請していなければ、11月の診療費は33万くらい、12月の診療費は26万位の請

求がきていたと思われます。。。。

入院するときは申請忘れずに!!

 


 

生命保険の必要性 病気して初めて分かる

保険って、一度入って安心してそのまま。。。。

一つ目の保険は安いからと加入。。。

二つ目の保険は二年前に見直し、三大疾病、入院、手術、死亡保障その他特約完璧。

とうとう使う日がやってきた。

ずっと払ってきただけの生命保険、こういう時のために入ったんだと実感した時だった。

 

実際に申請してみて分かったこと。

 

まず診断料作成に5400円かかること。

 

生命保険は二つ入っていた。

一つ目の医療保険は、病気ケガで1日5000円、手術 が出るタイプ

二つ目の民間の生命保険(2年前に見直し済)は、死亡保障にケガ、病気で一日10000円、女性の病気で入院一日20000円、手術等が出るタイプ。

それぞれ同じように請求してみた。

 

 

一つ目は、5000円×58日 290000円

右わきのリンパ節生検が手術対象になるかがポイント!

こちらは、88種類の手術以外は対象外とのことで出なかった。

 

二つ目の民間の生命保険は、10000円×58日 580000円

他、入院一時金 50000円 手術給付金 200000円  合計 830000円

こちらの手術給付金は 公的医療に連動しており、健康保険で対応の治療はほとんど該当するようである。

 

一つ目の保険料は1300円くらい、二つ目の保険は15000円くらい。。。。

 

保険は安い保険に入るときはカバー対象範囲をよく確認して自分に合っているかよく考えて入ること。

高ければよいというものでもないが、自分が病気で働けなくなった時の家計の状況を考え、自分の収入が家計に与える影響が高ければその金額をカバーできる内容の保険に入っていないと、実際病気になって給付金をもらっても保険に入っていてよかったとは感じないということを実感した。

今回私が入っていた保険、1300円の医療保険だけだったら家計は赤字だったはず。

2か月入院その後、在宅療養3か月目に入っているが給料は働いていた時の半分、3月給料は半分以下の予定。

それでも、正社員だから3か月の療養休暇とその後も休みながらも少しは給料が出ている。

もし、パートや派遣社員だったら、とっくに解雇 無職収入なしの状況だった。

色々な情報では保険は無駄など、また安い保険ばかり取り上げられる傾向があるが、保険は病気になったり残された人が、その後生活するに困らないように準備するためのものであるので、個々の家計状況で入る保険の内容も違って当然と思った。

実際、私の収入が家計に占める割合も重要なため、民間の生命保険からの830000円の給付金は家計にとっては助かっている。

私の収入減の補てんと通院費用もしっかりカバーしてくれている。

お金があることで心の余裕もでるため、ゆっくり療養することができている。

 

保険は入りっぱなしでもダメ、高いだけでもダメ。

定期的に自分に合っているか見直し、いざというときには自分の助けになってくれる保険にしておくことが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました