前回から一か月後の診察 検査結果はどうだった?

TAFRO症候群
dig

TAFRO症候群、前回1/10㈬から一か月後の診察。検査の結果はどうなった?

本日2/7㈬、前回から一か月後の診察です。

いままで二週間おきだった診察が一か月おきになった最初の診察日。

関節痛に悩まされた以外は、まあまあの体調を維持していたと思う。

血液検査はどうなってるだろか?

少々不安を抱えて病院へ==🚙💨

 

2/7㈬検査結果

1/10㈬検査結果

今回の結果は、前回と比べて大きな変化はありませんでした。

ただ、全体的にじわじわと下限値に近づいている項目があり少し心配です。

ただ、血小板の値は基準値に治まっているし、他の項目も大きく上限値下限値を超えていないのでドクターもあまり心配はしていない様子。

先週の土曜日に朝のネオーラルを飲み忘れ、夜しか服用しなかったことを伝えると、「飲み忘れちゃうくらいになったなら終わりにしても大丈夫かな。。」とおっしゃり

20㎎服用していたネオーラルは0になりました。

関節痛が強くなってるので少々心配ですが、ネオーラルでどれくらいの効果が出ているのかも定かではないので、一度飲まずに様子を見るのもありかなと思っています。

血糖値で食事制限をしているというコメントがあり、私は一度目の入院も二度目の入院も全く食事制限なく、血糖の検査もしたのかどうか分からずちょっと不安になり、診察の待ち時間に病棟へ行き、久しぶりに会った看護師さんに挨拶ついでに血糖値について聞いてみました。

血糖値は、血液検査のグルコースという項目で分かるとのこと。

グルコースが基準値以上になってくると食事制限やインシュリン注射などで血糖値管理が始まるとのこと。

 

上限値下限値 73-109
 調べる目的 血糖
検査項目 グルコース
入院中 201611/9 108
2016/11/16 108
2016/11/18 100
2016/11/24 93
2016/11/28 84
2016/12/2 98
2016/12/7 113
2016/12/9 77
2016/12/12 71
2016/12/14 90
2016/12/16 78
2016/12/19 129
2016/12/21 67
2016/12/23 61
2016/12/27 114
外来 2017/1/4 83
2017/1/11 70
2017/1/18 78
2017/1/25 75
2017/2/8 101
2017/2/22 85
2017/3/6 93
2017/3/22 75
2017/4/5 77
2017/4/19 85
2017/5/10 106
2017/5/17 79
2017/5/31 86
2017/6/14 102
入院中 2017/6/21 103
2017/6/23 81
2017/6/26 83
2017/6/28 83
2017/6/30 70
2017/7/2 62
2017/7/3 82
2017/7/5 75
2017/7/7 104
2017/7/10 88
2017/7/12 83
2017/7/14 89
2017/7/18 115
2017/7/21 106
2017/7/24 112
2017/7/26 113
2017/7/28 66
2017/7/31 115
2017/8/2 84
2017/8/7 114
2017/8/10 112
外来 2017/8/16 91
2017/8/23 72
2017/8/30 197
2017/9/6 80
2017/9/13 137
2017/9/27 81
2017/10/11 96
2017/10/25 83
2017/11/8 99
2017/11/22 96
2017/12/6 93
2017/12/20 79
2018/1/10 90
2018/2/7 88

 

上記は、私の一度目の入院から二度目の入院を経て現在までの血糖値の推移です。

私の場合は、プレドニンやネオーラルを服用していてもグルコースの数値がほぼ正常値の範囲で治まっているので、今のところは食事についての制限や血糖値管理、インシュリン注射はせずにすんでいます。

【グルコースの数値が高いとどうなる?】

●高血糖異常から考えられる病気

・糖尿病

・甲状腺疾患

・膵炎

・胃切除後のダンピング症候群

・薬剤性

高血糖は、血中のぶどう糖が多い状態で、この状態が慢性的に続くと糖尿病になります。

インシュリンと呼ばれる膵臓から分泌されるホルモンで、インシュリンが足りなくなったり、何らかの原因でインシュリンが働きにくくなったりすると糖尿病になります。

 

●低血糖異常から考えられる病気

・薬剤性

・肝疾患

・下垂体機能低下症

・インシュリン産生腫瘍

・副腎機能低下症

低血糖は、血液中のぶどう糖が少なくなった状態で、具体的には血糖値が70㎎/㎗以下の状態のことをいいます。

食事の量が少なかったり、空腹で激しい運動をしたとき、血糖値を下げる薬が効きすぎた時などに起こります。

症状としては、

・不安になる

・集中力が亡くなる

・無気力になる

・あくびがでる

・頭痛、めまい、吐き気、冷や汗、昏睡状態、意識障害

【ステロイドの副作用】

ステロイドの副作用はいくつもありますが、その中に糖尿病(ステロイド糖尿病)があります。

糖を合成する働きを高めるために血糖が上がります。

投与量が多いほど血糖値は上がりますので投与量が多いときは定期的に血液検査をし、必要であれば食事療法での予防やインシュリン投与など薬での治療が必要です。

ステロイドの副作用には個人差があり、ステロイドを服用したすべての人に見られるものではなく、疾患や薬の量、服用期間などにより症状は異なります。

bigdog大型犬と暮らそう

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました