足湯を試してみたら 関節痛とつらい冷え性に効果絶大! 身体がとても楽になります

生活
dav

足湯について

TAFRO症候群、自宅療養中。

手足の冷えに悩まされ 基礎体温も低め。

何とかならないかしらと考えて自宅で足湯してみたら。。。

なんと、0.4℃も体温が上昇しました~

今日は、一段と冷え込んでいます。

家の中でエアコンをつけて過ごしていますが、手足だけがとにかく冷えます。

ひざ掛けしたり、もちろん厚手の靴下はいたりするが全く効果なし。

現在の気温、東京8℃です。

我慢できず、お風呂の洗面器をリビングへ

熱めのお湯をはり、温かいコーン茶を飲みながらゆっくり浸かりました。

すると、なんと

体温が、足湯前と後で0.4℃も違います。

お陰で身体全体が温まり楽になりました。

もっと早くに気づけばよかった。

すぐできるので、手足が冷えて冷えてつらいという方は、お風呂の洗面器で手軽に足湯を楽しんでみてください。

自宅リビングで足湯💛

足湯前は、35.5℃だったのが足湯後に計ったら35.9℃!

これでも、まだ低いけれど足湯効果は絶大です!

冷え性の方はお試しを

★効果

足の中でも、ふくらはぎは、下半身に溜まった血液を心臓に押し戻す働きがあることから「第二の心臓」とも呼ばれている場所です。

そのため、足湯の時にふくらはぎもお湯に浸かるようにすることで、足だけでなく、全身にも良い効果をもたらすと考えられています。

〇全身に対する保温効果〇

足湯をすることで、足先の血液を温めることができます。

さらに、温まった血液は、ふくらはぎのポンプによって全身に送られます。

そのため、足だけでなく全身にも温かい血液が巡り身体全体を温めることができるのです。

これまでの実験で、42℃のお湯で15分間足湯すると、足湯後25分経っても体温を高く維持することが分かっています。

〇睡眠を促す効果〇

身体の保温効果を期待するためには、42℃で15分とお話ししましたが、この時間を短縮すると、睡眠を促す効果が期待できることが分かっています。

人は、深部体温(身体の内部の温度)が急激に下がることでスムーズに眠ることができるのです。

42℃のお湯で10分間未満の足湯をすると、足湯後 深部体温が速やかに下がり、眠りにつきやすくなることもわかっています。

〇足の浮腫みを解消〇

ふくらはぎや足先は、重力によって血液が下に向かって流れるため、血液中の老廃物が溜まりやすく浮腫みやすい場所でもあります。

足湯をすることによって、温められた部分から血行が良くなり、溜まっていた老廃物が流されるため、浮腫み解消の効果が期待できるのです。

〇免疫力アップ!〇

足湯を続けることで『NK(ナチュラルキラー)細胞』が活性化したことが分かっています。

NK細胞は、がん細胞やウィルスなどを攻撃する働きがあり、免疫機能にとって重要な働きを果たしてくれています。

足湯をすることで、細胞レベルの免疫機能がアップするのではないかという指摘があります。

湯量が豊富な湯田温泉のまちには、無料で利用することのできる足湯が6箇所設けられています。

足湯は、足を温めることで全身の血液の循環がよくなることで知られていますが、効能はそれだけに留まらず、手軽でありながら大変高い利用価値を持っていることについては、残念ながらまだあまり知られていません。

地元の方にはもちろん観光客の方々にも人気のある湯田温泉の足湯について、その効能を調べている山口県立大学の研究報告を見ると、足湯が私たちの健康に大いに役立つことがわかります。

なんと、足湯を習慣的に行うことにより、白血球の一種で細菌やウィルス、ガン細胞を壊す働きを持つ「ナチュラルキラー細胞」が活性化されるそうなのです。

これは足湯が老若男女に関わらず多くの人々を健康にしてくれる力を持っているということに他なりませんが、特に細胞性免疫機能が低下してしまう高齢者にとってはうれしいもの。

インフルエンザや風邪などの感染症を予防するためにも足湯が役立つということなのです。

引用元:湯田温泉より

http://www.yudaonsen.com/ashiyu/

〇リラックス効果〇

足湯には、副交感神経の働きを高め、全身をリラックスさせる働きがあります。

また、公共の場所に設置されている足湯の場合は、共に足湯をしている方たちとの会話がストレス解消につながると考えられています。

★注意

足湯で注意したいのが、「レジオネラ症」です。

レジオネラ症は、「レジオネラ属菌」を吸い込むことによって発症する感染症です。

レジオネラ症は、「レジオネラ肺炎」と「ポンティアック熱」という二種類があります。

ポンティアック熱の場合は、1~2日間の潜伏期間のあと、発熱、倦怠感、頭痛といった症状が現れますが、その後自然に治癒していきます。

しかし、レジオネラ肺炎の場合は、2~10日間の潜伏期間の後、倦怠感、頭痛、筋肉痛の症状に加え、咳、痰、高熱、悪寒などの症状が現れ、適切な処置がされないと死に至ることもあるので注意が必要です。

レジオネラ属菌は、循環式の浴槽などの人工的な水循環の中で繁殖することが分かっています。

そのため、24時間の循環式風呂などは、レジオネラ属菌が発症しやすく、温泉施設などでもきちんとした衛生管理が求められています。

ところが、足湯の場合は十分な衛生管理がいき届いていないため、過去におこなわれた調査では、対象施設の25%でレジオネラ属菌が発見されたことが報告されています。

レジオネラ菌は健康な人でも発症しますが、免疫力の低いときに発症する確率が高くなることが分かっています。

足湯に入ったからと言ってすぐに感染するわけではありませんが、体調が悪いときや抵抗力が下がっているときは、自宅での足湯が安心です。

レジオネラ肺炎は、適切な治療を受けることで死亡リスクを軽減できます。

★商品

足湯に行きたいけれど、私のように持病があって免疫力が下がっているときはレジオネラ菌が怖いので、自宅で足湯が安心って思ってしまいます。

私は洗面器でお湯を張って足湯をしていましたが、お湯がすぐぬるくなってしまうのが難点です。

熱いお湯をポットで沸かして少しずつ足して足湯をしていました。

手間がかかりますが、十分足は温まります。

ですが、毎日足湯をしようと思うと手間がかかって面倒くさいなと感じてしまうのも事実です。

毎日足湯をするなら便利な足湯を使ってみるのもありかも!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました