東京オリンピック2020|青海アーバンスポーツ会場で行われるスポーツクライミングってどんな競技?

今回のオリンピックから、新たに加わったスポーツクライミングという競技ですが。。

最近急激に人気が出ているスポーツクライミングとは、いったいどんな競技なんだろう?

なんとなく、人工の絶壁の壁についている岩を上手に手足の力で上っていく競技かな~というくらいの印象で詳しいスポーツのルールなどを知っている人はまだまだ少ないのではないでしょうか?

建設中の青海アーバンスポーツ会場は、東京オリンピック2020が開催されるその他の競技会場や選手村からも比較的近いお台場周辺に建設されています。

スポーツクライミングってどんなスポーツ?

スポーツクライミングは3種目あります。

①ボルダリング・・・高さ5メートル以下の壁に設置された複数のボルダーコースを制限時間内にいくつ登れたかを競う競技です。

ボルダーは、定められた位置からスタートして登っていきます。トップホールドを両手で触って安定姿勢を取ったら完登(ゴール)となります。

※ボルダーとは丸い大きな石で、絶壁の壁についている石のことです。

試合は、予選→準決勝→決勝の順で進みます。

予選では5本、準決勝・決勝では4本のボルダーに制限時間内なら何度でもチャレンジできます。予選と準決勝の制限時間は5分間で決勝は4分間となります。

準決勝には20名、決勝には6名進出できます。

予選と準決勝は5分間の競技→5分間の休憩を交互に繰り返して4~5ボルダー競技します。

決勝は1ボルダーに対して全ての選手が4分間の競技を終えたら、次のボルダーに決勝進出者全員で移動します。

①順位は完登ボルダーの数で決まります。

②完登ボルダーの数が同じになった場合は、ゾーン獲得数で順位が決まります。

③完登ホルダー数とゾーン獲得数が同じ場合には、完投にかかった回数(アテンプト)とゾーンポイントの獲得数で決まります


②リードクライミング・・命綱をつけて高さ12メートル以上の壁で最長60手程度のコースをどこまで上ることができるかを競う種目です。

試合は、予選→準決勝→決勝の3ラウンドでおこなわれ、予選では2本、準決勝と決勝では1本のコースにそれぞれ1回のみチャレンジできます。1本6分間という時間制限もあります。

順位については、どの高さまで登ることができたかで決まります。

墜落、時間切れ、反則をしたなどで獲得高度(どの高さまで登ることができたか)が決まります。もし同じ獲得高度だった場合は、その獲得高度までのタイムの短い選手が上位となるルールです。

簡単に説明すると、一番高く登れた人が上位ということです。もし登った高さに同じ選手が複数出た場合は、そこの高さまでより早く登れた人が上位となるということです。


③スピードクライミング・・・高さ10~15㍍の壁であらかじめボールドのコースが決まっており、いかに早く登れるかを競う種目となります。とにかくスピードが求められます。

試合は、予選→決勝トーナメントでおこなわれ、予選では同じコースが設定されている2つの壁でそれぞれ一回づつチャレンジできます。

決勝トーナメントではどちらかの壁で1回のチャレンジとなります。

予選は2回チャレンジしたうちのタイムの早いほうが採用され、予選参加者の上位16名が決勝トーナメントへ進むことができます。

決勝トーナメントでは予選の1位と16位、2位と15位、3位と14位とタイムの早い人とタイムの遅い人で一回戦が当たるようになっています。

タイムの早い選手が勝ち上がり、準決勝・決勝で同タイムだった場合は再度競技することになっています。


これら三種目を行った競技の合計でスポーツクライミングの競技の順位が決まります。

※今までは、完登数が同じ場合は完登(頂上の岩)にたどり着くまでに使った岩(トライ)の数が少ないほうが上位に、完登数、トライ数とも同じ場合はボーナス獲得数の多いほうが上位でした。

今季からは、完登数が同じ場合は、ボーナス(今季からゾーンに名称変更)獲得数が多いほうが上位となり、次に完登に要したトライの数が考慮されての順位付になりました。

ゾーンの獲得数とは「安定した姿勢」や「制御された姿勢」など曖昧な表現のため動画で確認するのが分かりやすいです。

以上3種目の簡単な説明でした。

ボルダリングを初めて見る方は、ルールを完璧に理解するのは難しいのですね。

せっかくのオリンピックです、楽しんで観戦しないともったいないですね!

=スポーツクライミング試合観戦直前|ルール確認=

まずは、ボルダーという岩をつかみ登っていくスポーツと覚えましょう。

①ボルダー種目は、三種目の中で一番低い高さで一回の試合で5分間の競技を4~5回繰り返します。たくさん完登ボルダーを獲得した人が勝ちです。

②リードクライミング種目は、三種類の中で一番高さのある壁を命綱をつけて登ります。一番高く登れた人が勝ちです。

③スピードクライミングは、決められたホールドコースを一番早く登った人の勝ちです。

このポイントが分かるだけでも、十分楽しんで観戦できるでしょう!

注目の日本のクライミング選手

●楢崎 智亜(ならさき ともあ)

1996年6月22日生まれ

身長:169㎝

出身:栃木県


●藤井 快(ふじい こころ)

1992年11月30日生まれ

身長:175㎝

出身:静岡県


●原田 海 (はらだ かい)

1999年3月10日生まれ

身長:168㎝

出身:神奈川県


●緒方 良行(おがた よしゆき)

1998年2月4日生まれ

身長:172㎝

出身:福岡県久留米市


●是永 敬一郎(これなが けいいちろう)

1996年2月16日

身長160㎝

出身:埼玉県


●土肥 圭太(どひ けいた)

2000年10月17日生まれ

身長:171㎝

出身:神奈川県平塚市


●森 秋彩(もり あい)

2003年9月17日

身長:154㎝

出身:茨城県


●野口 啓代(のぐち あきよ)

1989年5月30日生まれ

身長:165㎝

出身:茨城県


●伊藤 ふたば(いとう ふたば)

2002年4月25日生まれ

身長:160㎝

出身:岩手県


●野中 生萌(のなか みほ)

1997年5月21日生まれ

身長:162㎝

出身:東京


●谷井 菜月(たにい なつき)

2003年9月23日生まれ

身長:154㎝

出身:奈良県


●小武 芽生(こたけ めい)

1997年5月18日生まれ

身長:154㎝

出身:北海道


あまりニュースになって騒がれることはなかったですが、実はボルダリングについては日本は強豪国なのです。

ボルダリングワールドカップの国別では、なんと4連覇達成しています。(゜o゜)

意外と知られていないですが、強いんです!

今回の東京オリンピックでは十分にメダルが狙える競技の一つになりそうですね。

選手が達が表彰台に登れることを期待せずにはいられません。(#^.^#)

スポーツクライミング観戦が終わった後は、会場の立地が良いだけに遊ぶところ満載です。

青海アーバンスポーツ会場近郊の遊び場

<ショッピング/遊び>

●お台場大江戸温泉物語

競技観戦で汗を流したら、帰りに大江戸温泉でゆっくり天然温泉で身体をリラックスさせてあげてください。

温泉だけでなく浴衣を着て江戸の雰囲気を満喫できます。遊んでお腹が空いたら館内にあるレストランで食事ができます。メニューも豊富で何を食べるか迷ってしまいます。宿泊もできますが、時間貸しでも部屋を貸してくれますのでちょっと疲れて休憩したいという方はこちらがおすすめ!

●アクアシティお台場

お台場海浜公園に隣接した大型ショッピングセンターです。

ショッピングを楽しんだり、映画を見たり、食事を楽しんだりしながら過ごし、疲れたら海を見ながら疲れをとってとのんびり過ごすことができます。

●日本化学未来館

ここは、先端の科学技術を見て触って体験できる施設です。小学生のお子様がいるご家庭などは、競技観戦の後に夏休みの宿題も済ませてしまうのはどうでしょうか?

●東京都水の科学館

ここでは、水が飲めるようになるまでの仕組みや、水を利用した実験などが体験できます。こちらも小学生の夏休みの宿題にはもってこいの施設ですね。

●お台場海浜公園

●都立潮風公園

オリンピックのビーチバレーの競技会場です。

<宿泊>

●東京ベイ有明ワシントンホテル

●ヒルトン東京お台場

楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする